2004年09月30日

はてなブックマークに追加徴兵制というものから考える不登校について

別にどうってことはないんだけれども、韓国の徴兵制について。
意外とみんな知らんのかなーと思いまして。

 ご存じのように、韓国は軍隊を保持し、徴兵制が敷かれています。男子は18才で徴兵検査を受け、健康上の欠陥がない限りは、30才までのうちの二年間を、兵役に捧げなくてはなりません。もし徴兵検査で落ちたり、兵役を拒否したりすると、就職上不利になります。使い物にならない奴と判断されるためか、自分たちもやらされた兵役をのうのうとすり抜けてきた者を採るなど考えられないためか、理由はきっとそのどっちかです。
 韓国のプロ野球選手51人が尿検査に混ぜものをして不正に兵役を逃れ、プロ野球人気が一気に失われたり、兵役を逃れた俳優の人気がガタオチしたりするのは、みんな否応なくやらされた国民の義務をやらなかったからに尽きる思います。日本では、国家権力がさらっていくのは税金くらいですが、韓国では実際に人をさらっていくわけ。

 最近の日本では不登校が市民権を得ました。しかし僕等の頃の学校は、国家権力が強制的にガキを呼びつけて無理にでも勉強をさせる側面が依然強かった。教師は国家を背にした役人であり、だからこそ親を学校へ呼びつけたり、家に電話して注意をしたりできたんです。従って、不登校なんてしたくてもできなかった。ちょうど兵役を断れないのと同じようにね。
 学習内容が3割削減されたり、不登校が公認されたりして、なんやえらいラクしよってからにと大人がすごく腹立たしいのは、そういう過去があるからなんです。不登校してる高校生がこれ読んでるのかどうか知らないけど、とりあえずそれは分かっといてもらいたい。そうすれば、大人世代と原理的な喧嘩をせずに済むかと思います。

 権力でもってやらせるか、愛情でもってやってもらうか。これは、人を動かす二大原理だと思います。北風と太陽と言ってもいい。戦争を引きずっていたこれまでは権力で動かすのが主流だったが、今は愛情が主流ということなんだろうと思います。
posted by 猫並 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったこと

2004年09月30日

はてなブックマークに追加Pay-easy(ペイジー)初体験

 今日が最終期限の某公金の支払いがあったのだがボヤボヤしてるうちに郵便局がしまってしまったが、Pay-easy(ペイジー)が使用可能であったことを思い出し早速調べてみた。
 Pay-easyは主に税などの公金支払いに使われようとしている電子決済手段。請求書にPay-easyマークが印刷されており、Pay-easyに対応した金融機関の口座でネットバンキング/モバイルバンキングが使える状態であれば、すぐにでも利用できる。
 僕は郵便貯金で「ゆうちょホームサービス」に加入しており、ここから利用できた。操作は数字の入力のみで片付いた。振込の操作なんかより圧倒的に簡単。しかも待ち時間がない。
 わざわざ郵便局に出向きATMから金を下ろし長々と待たされた挙句ときに住所と電話番号など書かされようやく支払い完了していたのがばからしく思える。
 これからの公金支払いは全部これで行くべきだね。絶対。

◇ Pay-easy(ペイジー)
◇ Edy(エディ) ◇ J-Debit(ジェイデビット)
◇ Suica(スイカ) ◇ ICOCA(イコカ) ◇ PiTaPa(ピタパ)
posted by 猫並 at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 商品・サービス

2004年09月29日

はてなブックマークに追加Amazonアイテムレビューのやり方

◆ 単にそのアイテムのページにリンクが張りたい場合
ASIN(ISBN)コードが分かれば以下がそのアイテムのURLになる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/****ASIN****/nekonamidiary-22

但し ****ASIN**** の部分はアイテムのASINコードに置換のこと。
ASINコードはISBNコードから"-"を除去したものと考えていいと思う。
CDやDVDには、Amazonが独自に番号を振っているようです。検索を。

◆ 画像やカスタマーレビューなどの情報付きで紹介したい場合
以下のサイトがHTMLを生成してくれます。
◇ G-Tools
◇ amazlet

◆ 自分の紹介を見て買った人がいたとき薄謝を受け取りたい場合
Amazonアソシエイトに登録する必要があります。
冒頭に掲げたURLは末尾が nekonamidiary-22 で終わっていますが、これが私のAmazonアソシエイトIDです。ここをあなたのアソシエイトIDに変えることで、薄謝があなたに入るようになります。但し1500円以上貯まらないと使えない仕組みになっています。
posted by 猫並 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ・テスト

2004年09月28日

はてなブックマークに追加こんどの内閣

昨日内閣改造が行われ、第何次だかの小泉改造内閣が発足した。

素人である僕にはこの内閣がどうであるのかがまるで分かりません。女性閣僚・民間閣僚の大幅起用で斬新さのあったこれまでの内閣と違い、今回はやたらと地味な顔ぶれで、正体のつかめない感じです。こういうときこそ報道の出番。というわけで各種番組をよくチェックしたところ、いい表現に出会いました。

「郵政民営化一直線内閣」

懸案の郵政民営化を仕上げるために、自分のいうことをよく聞く人を集めてきたが、かわりにそれ以外の政治課題に対しては弱そうだと。なるほどと思いました。大体において底の浅い生態系は貧弱ですから。例えがおかしいかも知れませんが。

ところで、テレビやラジオではやたらサプライズという言葉を耳にしました。あまりうるさいので親父が意味を聞いてきたほどです。びっくりという英語だと答えるとどうも憮然としていました。報道関係の皆様。英語を使って高齢者には分からんニュースにはせんといて下さい & 英語にすることで実体不明にしないで下さい。
posted by 猫並 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政経・時事・社会 '04

2004年09月26日

はてなブックマークに追加あなどれぬ妖怪論

水木しげるさんが子どもの頃、家にはのんのんばあという女中がいて、木製の風呂に垢が溜まってヌルヌルしてくると、大仕事であるにもかかわらず、決まって自発的に掃除を始める。あまりに熱心なので、水木さんが理由を尋ねたら、垢を放っておくとあかなめという妖怪が現れるからだと平然と答えたとか。

うちの母親は、父親に頼まれたわけでもないのに、また感謝もされないのに、掃除をする。風呂も毎回しっかり洗う。これはきっと妖怪あかなめのしわざだと思う。妖怪あかなめが出るのが恐ろしいので、母親はきっと掃除をしている。

母親はよく頭痛を起こしたり寝込んだりするが、これもきっと妖怪の仕業だろう。相手が妖怪では家族にはどうしようもない。いくら息子が大学の理学部を出ても、妖怪相手には加持祈祷くらいしかできない。まったく何のために大学に行ったんだろうかと思う。
posted by 猫並 at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族や親戚のこと

2004年09月26日

はてなブックマークに追加搦め手から答えるセオリー

友人がはてなにブログ開設記念。質問に斜めから答える方法。
1. 「私が答えるべき立場にはありません」
2. 「忘れました」
3. 「調査中です」 【以上、大人向け】
4. 「そんな質問する暇があったら○○でもやってなさい」
5. 「簡単に人に聞かずに自分で調べなさい」
6. 「あなたも大人になれば分かる」
7. 神話や妖怪を持ち出して答える。 【以上、子供向け】
8. 「昔からそう決まっとんねん」
9. 「こんな質問、するやつの気が知れないね」と質問者を罵倒。
  (これはやっちゃいけん) 【以上、両用】

ほかにあったらコメント下さい。
posted by 猫並 at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったこと

2004年09月24日

はてなブックマークに追加地元にあるとは思わなかった

あまりにもマイナーすぎてどこ行きゃ売ってんのか分からない物を探し求め、とりあえず地元駅前の小商店を除いたら、見事に売ってました。しかも安い。しかも品揃え豊富。感動したね。市内中心部の某店では3種類だったのが地元で12種類ほどあったわけよ。しかも店主がすげー詳しい。しかも親切。そして買わずに帰っても文句言わない!(これは当たり前か)。

感動のあまり翌日また訪れて買っちゃったよ。
posted by 猫並 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 '04

2004年09月22日

はてなブックマークに追加BLOGサイト浮気中

SeesaaBLOGをはじめてから、あまり引っ越しとか考えてこなかったわけだけど、
はてダに引っ越そうとしている友人がいて、いろいろ調べてみて、
あ〜はてダもいいのかななんて。

Seesaaはオーソドックスじゃない? 僕はそこが気に入ってここに持ってるんだけど、はてなの場合、仕様はクセの有るもので構わないから、自分たちの持ち味を活かしながら、新サービスの開拓を続けていて、結果、はてなのあれは他のどこにもないというのがいっぱいあるサイトに仕上がっている。オーソドックスさとは違った魅力がここにはあるなぁと思ったね。

DOS/Vの魅力とMacの魅力の違いみたいなもんなんですけど。
posted by 猫並 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年09月22日

はてなブックマークに追加無人ゴミ収集車動く 女性死亡

◇ 無人ゴミ収集車動く 女性死亡 - NHK

現場はMバス停。ごく近所だ。
跳ねられたのは36才会社員。きっと現役バリバリですよ。
この辺は大半がバスで駅まで行き電車で市内中心部というパターンなので、
事故の起きた午前7時半はまさにバス待ちの時間にジャストミート。
人間いつどないして死ぬや分かったもんやないでしかし。(あえて関西弁)

ちなみに今年春頃にも同様の事件があった記憶がある。同じく市のゴミ収集車だ。幸い運転手が乗車していたため、電柱に当てたかなんかで止めることができた。けが人などはなかった。収集車が三菱製だったため当時話題になった。
posted by 猫並 at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政経・時事・社会 '04

2004年09月18日

はてなブックマークに追加国民年金未納、3万人から強制徴収 社保庁が方針

◇ 国民年金未納、3万人から強制徴収 社保庁が方針 (朝日新聞)

このところ、強制徴収の動きがめざましい。先にも社保庁は、厚生年金未加入企業の強制徴収へと乗り出していた。年金制度は規模縮小の方向もあり得ると僕は勝手に考えていたが、これら一連の動きを見る限り、国としては、年金制度はあくまで維持し、制度内容や徴収方法などを健全化する方向へと、梶を切ったようだ。
posted by 猫並 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政経・時事・社会 '04

2004年09月18日

はてなブックマークに追加ストライキはしょうがない

◇ プロ野球選手会、史上初のスト決定 18・19日 (朝日新聞)

 選手会側は昨日の交渉で、近鉄‐オリックスの合併凍結はもはや無理と判断。今日の交渉では球界への新規参入を「来期から」受け容れる努力をするよう要請したが、経営側はそれを不可能とした。今日の交渉決裂のポイントはここだ。

 なぜこれが不可能なのか。僕の見るところこれは、経営側に残るナベツネの呪縛を解きほぐすのに相当の時間がかかるせいだと思う。交渉では加盟料を預り金に変えることになったが、これには野球協約の改正が必要だ。まずこれが曲者である。野球協約は、幾人もの涙を流させた鉄の掟であり、ナベツネの権力の源泉でもあったからだ。やすやすと変えれば、あの時のあれは何だったんだと、あちこちから非難を浴びかねない。
 加えて、新規加盟にはオーナー会議での了承が必要とされている。つまりいくら野球業界に参入したい企業があっても、オーナー会議での総意がダメならダメとなっている。しかし総意とはいってもプロ野球人気は巨人が支えており、他球団は巨人で儲ているというのはオーナー諸氏の共通認識であろうから、巨人以外のオーナーの発言力は必然的に弱く、従ってナベツネの好みで参入の可否が決まってきた。俺の知らん企業は入れないと強気の発言をしていたのもそのためだろう。オリックスなどの新規参入組は、こういう空気の中、穏便に球団を譲り受けるために相当の苦労をしたと思われる。この空気がアッサリ崩れてしまうことも、一部の関係者には耐え難い苦痛なんだろうと思われる。
 野球協約を盾に極悪非道な真似をし、権力構造を悪用して野球界をいいように左右してきた男の存在によって、野球界のムードはおいそれとは解消しないところにまで凝り固まっていると言える。これが、ナベツネの呪縛である。関係各方面をなだめるのには、やはりそれなりの時間が必要だ。不可能である本当の理由について経営側は何も言わないが、こんなお家事情が原因では、恥ずかしくって話せないというのが本当のところだろうと僕は見ている。

 というわけで、理由を明示せず、何が何でも来期からは無理だとする経営側に対しては、対話の余地はないわけで、選手はストをせざるを得ない。ストライキがしょうがないとこの記事の冒頭で言ったのはそういうことだ。
posted by 猫並 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(4) | 球界再編問題

2004年09月16日

はてなブックマークに追加塩害

塩害の様子足下の落ち葉に秋を感じながらふと上を見上げると、それが常緑樹であったためにかなり驚いた。葉が落ちていたのは、先の台風18号が、海の塩を巻き上げこの辺に散らしていったからだ。台風直後には物干し竿やポリバケツに粒状の塩が浮いていた。外に置き去りにしていた自転車も今日見ると錆びていた。ラジオによれば伊丹などにも塩害は及んでいたらし。今年は紅葉も楽しめそうにないとか。

写真は塩害により、風上と思われる部分だけが不自然に枯れた植栽。
◇ 全ての写真はこちらに載せました
posted by 猫並 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政経・時事・社会 '04

2004年09月16日

はてなブックマークに追加

宅間守被告に異例の早さで死刑が執行されたそうだ - 朝日新聞 9/14

これについては多くの人が、「こんな人は早く死んでほしい」と思っていたことだろう。公判中の言動や獄中の手記などが、幾度となくマスコミに出たので恐らくそれなりイメージを皆さん掴んでおられると思う。自暴自棄的で手のつけようがない人です。ある意味テロリストです。

僕の想像ですが、あの人はある時期から、こんな状況で生きてかなければならないなら死んだ方がマシだとはっきり自覚したんだと思う。そこで、世間の前に死ぬか生きるかという決闘をしたんですね。世間と差し違えて死ぬ覚悟で。結果、敗れ、この世から姿を消したんでしょう。

宅間被告にしてみれば、まさにああいった事件でもって一矢でも報いたくなるくらいの生活環境だったんだろうと推察されます。しかし同様の環境でもどうにか生きている人も沢山いるのも事実だろう。生きるってのは結局、失っても失っても希望をつなぎ、見いだし、抱き続けることにほかならない。それはそれなりに苦労もするし精神的にもしんどいが、いわば生命の力でそれらを乗り越えて皆さん生きておられるのだ。宅間被告はしかしながら、世間に希望はなかったのだと結論するに至り、希望がないので自分も死に、世間の希望もことごとく奪ってやるということで動きだした、ある意味恵まれない人間だったのかなと思う。

世間が暗いのは自身の認識不足もあるんだということを、きちんと指摘してくれる、その意味で彼に本当の思いやりを注ぐ人間が、死んだ方がましと自覚する前に彼の前に現れていれば、事件は防がれたかも知れない。彼は獄中で結婚に至ったそうだが、その妻をもってしても、言動に変化は現れなかった。生きる希望について、多くの人が生きるねんから希望持たなしゃあないやんで乗り切っているところを、彼の場合はそう思うことすらできずにいたんじゃないだろうか。
posted by 猫並 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政経・時事・社会 '04

2004年09月12日

はてなブックマークに追加名探偵ポワロとマープル ほかアニメの話

なにげに気に入って毎週ビデオ録画しているこの番組。台風の影響で先週飛んだのはこの付近だけだったのですね。某ラジオ番組で里見浩太朗氏がゲスト出演したときの聴取者FAXの内容が意味不明だったのはそのためか。この辺の皆様、次回・解決編は17日金曜20時からです!

手塚治虫の作品ということで、鉄腕アトム(フジ系)→火の鳥(NHK)と毎週録画をセットしてきたわけですが、火の鳥が夏で終了。(手塚アニメは今秋から日テレ系列で、犬夜叉の枠にブラックジャックが入る。犬夜叉は明日最終回)。要するにあまり期待していなかったのだが、録画設定をいじるのが面倒臭くてとりあえず一話目だけ録って見てみたら、一昔前のハウス世界名作劇場のようなほんわりとした雰囲気と、理性的なポワロの振るまいが、恥ずかしながら推理小説をあまり読んでこなかった僕には、かなり新鮮であり、録画設定はそのままいじらずにしてある。

まぁ、いっぺん見て下さい。

◇ 名探偵ポワロとマープル
◇ NHK アニメサイト
posted by 猫並 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ

2004年09月12日

はてなブックマークに追加YIGのブログ提供サイト紹介

 立ち読みしたヤフーインターネットガイドでブログ提供サイトが紹介されていた。ココログは例えば「コミュニティの結束は強力で…」などと紹介されており、よく見てるなぁという印象を受けた。中でも傑作は livedoor Blog だ。
┃ 通常ブログサイトでは、そのサイト毎にコミュニティ的な雰囲気が
┃ 形成される傾向があるが、livedoor Blog ではそれが非常に弱い。
┃ どこにも属さない一匹狼的なブログを作るならここがいいだろう。
 もうね、この記述の正確なことといったら。この記述だけで思わず買おうかと思ってしまったくらい。(なお上の文章は筆者の記憶に基づいたもの)。ブログをどこに作るか迷ってる方がおられたら参考に如何でしょう。

◇ Yahoo! Internet Guide 10月号 定価790円
posted by 猫並 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2004年09月12日

はてなブックマークに追加NHKスペシャルのまとめ(9/11"情報聖戦")

これはノート系の項目です→

NHKスペシャル 「情報聖戦 〜アルカイダ 謎のメディア戦略〜」
─── 2004年9月11日(土) 21:15〜22:07 (ナイター延長+25分)

 聖戦を呼びかける映像が、アラブ各地で売られている。それらは“ジハード・ビデオ”と呼ばれるディスク(CD-R/DVD)だ。アルカイダはそれを専門チーム「アッサハブ(アラビア語で“雲”)」に作らせているほか、アッサハブと関係を保った個人が独自に作ったりもしている。これらは映像であるため字の読めない人にも分かるほか、デジタル映像なので、制作/編集/再生/複写 が、パソコン一台で可能だ。イギリスのとある書店店主は、別に頼まれたわけでもないのだが、不定期に何故か送られてくるそれらのジハードビデオを、複写・編集し、売っている。イギリスには言論の自由があるので、止められたりはしない。

 こういった流れに待ったをかけるため、アメリカは、自由の国アメリカを宣伝する放送局「アルフッラ」を開局。広告業界のエリートを採用し、アメリカの宣伝映像とアメリカ寄りに編集されたニュース番組を放送しているが、国際ニュースをどの放送局から仕入れますかとの調査に対し、アルフッラと答えたのは僅か3%。アルジャジーラの10分の1だった。

 テロを賛美し聖戦を呼びかける映像は、ディスクという形をとって広まっていく以外に、ネットを通じても広がる。米国のとあるネット技術者は、そういったサイトは見つけ次第プロバイダに報告し、結果として削除され続けているがいたちごっこだ。彼の家には匿名イスラム組織から脅迫状が届いている。
posted by 猫並 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(2) | テレビ・ラジオ

2004年09月12日

はてなブックマークに追加冬ソナ・グランドフィナーレ

冬のソナタは総合テレビでの放送を8月21日に終了したが、今日はグランドフィナーレという形で、NHKホールにファンを集めて開催されたイベントの模様が放送されていた。ああ、冬ソナってこういうドラマだったんだなと。これ見て初めて真剣に見てもいいかなと思ったりして。だって宮本隆治アナウンサーがあれだけ入れ込んでんですもんね。
posted by 猫並 at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ

2004年09月12日

はてなブックマークに追加特集・あすを読む

特集・あすを読む 「同時多発テロから3年/世界は安全になるのか」
─── 9月10日(金) 総合テレビ 後 11:45

 という番組をたまたま見た。『あすを読む』は平日深夜に10分間、主にNHKの解説委員がニュースを解説する番組だが、10日は拡大版スペシャルで45分放送された。

 NHK解説委員といえばもう既に結構なお年である。その解説員が、特集ということで7名やってきて、背広にネクタイ姿で卓につき、白髪混じりの頭を寄せ集めて議論をする。視聴者は間違いなく場違いな教授会に紛れ込んだ錯覚を抱く。この絡みづらい議論は本当に地上波一般向けだろうか。小難しい議論の最中時々現れるヒートアップは、朝まで生テレビのそれと同様に楽しんで良いものかどうか。扱うテーマの重大性と、解説委員の真剣さと、そして何よりこの物凄い絵面を考えれば、相当すごい何かを訴えかけているのは間違いなさそうなのだが、いかんせん読み方が分からないのだ。「『あすを読む』を読む」を編集して欲しいくらいだ。

 実はこの「特集・あすを読む」を、僕はリアルタイムで3回視聴した。番組のきっかけはやはり同時多発テロとイラク戦争で、1周年だか2周年だかの度に同じ顔ぶれが白髪頭を突き合わせ同様の議論を展開していたのだ。僕は毎回のように理解に苦しんだ。

 そしてようやく一つのことが理解できた。それは、各解説委員はやはりその各担当分野のフリークだったということだ。感情を排し理性的な議論に徹する学術的正義が貫かれた番組のため読みにくかったが、3回の視聴でようやくこぎつけた真理はそれである。いたずらに議論するのではない、学問は好きだからやってるんだというのが、理知的対話の覆いをすり抜けて感じられた。収穫だった。

 きっとこの番組は、中東担当Y委員と、米国(及び国連)担当S委員の、中東及び米国を愛するがゆえの持論・言い分の激突を軸に、他の4氏の意見をその調整原理として見ていくのが、最も分かり易い見方なのだ。あすを読むの読み方はこれであった。文系学問は難しい。秋の夜長に鈴虫が鳴く。
posted by 猫並 at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ

2004年09月11日

はてなブックマークに追加NHK「子どもが見えない」の“死の教育”について

佐世保カッター事件を受けて長崎のとある小学校で、人は死んだらどうなるか尋ねたところ、38人中22人が生き返ると答えたという話があります。このことは6月29日のNHKクローズアップ現代で放送され、さきの土日(9月4日5日)のNHKスペシャル(5日の方)でも放送されました。(タイトルは共に「子どもが見えない」)。

しかしこれを見て、「最近の子どもは非科学的だ」、「佐世保事件の原因はそこか」、「直ちに認識を正さなくては」、と考えていくのは正しいのかどうか。

放送された映像をよく見ると、教師の問いかけは「死んだらどうなると思う?」だった。これに対し「よみがえらないと思う」という答えを期待するのは無茶苦茶である。「1たす1は?」と聞かれれ「2」と答えた生徒に、「残念。3にも5にもなり得るんだ」とまるで次元の違う正解を言われたらどうだろうか。かなり気分が悪いだろう。この問題もそれと同じだ。「死んだらどうなると思う?」問われたら、普通は死後の世界像について聞かれていると受け取る。よみがえるとかどうとかの答えを出すのはむしろ当然だ。

教師はしかしこれに対して、取り返しがつかない、ということを言いたかったらしい。でもこれは無理だ。なぜなら、子どもにはそもそも、取り返しがつかないなんて感覚がないからだ。子どもは本来的に可能性の塊である。科学的に見てもそうだ。実際世の中には取り返しがつかないようなことはそれほどない。我々大人はむしろその塊から刺激を受けながら日々生きるべきであり、だからこそ我々は子供を作るのだろう。取り返しがつかないなどと知ったかそうに教え込むのは、産んだ子の希望を奪い心理的に殺すようなものだ。

要するに、
1. 死んだ人間は帰ってこないという現実と、
2. 可能性の塊である子どもの本質との間で、
苦し紛れながらに編み出されたものが死後の世界であると思う。
家族の中で死者が出ても、死んだじーちゃんは天国で生きてるんだよと言ってあげたら、子どもは子どもながらに少しは安心するわけだ。この安心を奪う教育が教育の場で成されたとすれば、それは教育としてどうなんだろうか。


◇ クローズアップ現代版「子どもが見えない」を見たときの記事
◇ 「子どもが見えない」ホームページ
◇ NHKスペシャル ◇ クローズアップ現代
posted by 猫並 at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ

2004年09月11日

はてなブックマークに追加ストは中止になってよかったんだよ

やはり、黙っとくってのは俺の体に悪いなと思えてきたので書きます。

◇ スト延期に「中途半端やなあ」 プロ野球ファンの声 - 朝日新聞
NHKニュース10で報じられた町の声の中にも、やるなら徹底的にという声もあった。

なんてかなこう、あほか。
スト回避という結果だけ聞かされるとそういう回答になるのかも知れないけど、そうじゃないでしょうと。お前ら観客だからそういうこと言ってられるんだよ。いい加減自分の残酷さに気付いた方が良いよ。持ち上げるだけ持ち上げておいて、最後手を離すのは君たちなんだから。

ストは公開の喧嘩ではない。交渉手段であり手札である。対北朝鮮問題でもそうだが、何かというとスグ一戦交えようと主張する奴がいたり、首相の訪朝をまるでヤクザの親分が乗り込んでいって拉致被害者を取り返してくるように理解している奴がいる。違うんだよ。君らはホントに戦争というものを勉強してないだろ。君らは実際のドンパチに浪漫を見ている。でも実際のドンパチは違う。物凄く美しくない。ストでも同じだ。ストも戦争も実際には物凄く美しくない。そこまで行かないで済むなら行かないに越したことはない。

ストが意味するものは交渉の決裂である。対話による解決の破綻である。スト回避を中途半端だと批判する人は、一度喧嘩だけの社会で生きてみればいい。それがどれほど危険で危なっかしい社会であるか。やれストストと軽々しくストを期待するのは、選手をドブに落として楽しむのと何ら変わりないことと気付くだろう。
posted by 猫並 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(5) | 球界再編問題

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。