2005年02月28日

はてなブックマークに追加堀江氏がニッポン放送に向かない理由

一、ニッポン放送はコミュニケーション能力を採用にあたり求めている。
二、堀江氏にはコミュニケーション能力がない。
故に堀江氏はニッポン放送には向かない(証明終わり)。

一 の根拠 → ニッポン放送採用FAQ
二 の根拠 → 聞いても分からない所信表明など。


posted by 猫並 at 19:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年02月28日

はてなブックマークに追加毎日更新はやめようかなと思ったが

その一番の原因であったとつぜんのアクセス低下は、
アクセス解析が壊れていたためであると判明。ぉぃぉぃ。

とはいえ“ほぼ”毎日更新ってことになるかとは思います。
完全な毎日更新は努力義務ってことで宜しくお願いします。


posted by 猫並 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2005年02月27日

はてなブックマークに追加毎日更新はやめようかなと

口をつぐみたいときってあるんですよ。皆さんもおありかと思いますが。
毎日更新はこれからできなくなるかも知れません。
そういうことだと思ってお目こぼし下さいませ。
posted by 猫並 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2005年02月25日

はてなブックマークに追加ネットの新聞記事というものは変更されうるのか

昨日深夜のNHKで、気になるニュースが流れた。→
これは、朝日新聞のネット上の記事が、当初は「幹部呼び指摘」とあったのが、現在の記事では無くなっていることについて、自民党の同問題調査会が朝日新聞に説明を求めたというもの。これは動画でぜひ見て欲しい。

僕は、こと新聞記事に限っては、一度紙媒体で出てしまった記事であるのだから、ネットでことさら手直しなどというものはされないと考えてきた。だから、マリンブルーの風さんというブログのこの記事でも、削除されているというのは思い違いではありませんか?と指摘したりしたわけだ。

このブログではここでも、ネットはアーカイブ化しないという点について論じている。今はもうなくなってしまった、midnight_ax 氏のブログからも、当該の論点についてトラックバックを貰ったりしていた。
posted by 猫並 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | NHK問題

2005年02月25日

はてなブックマークに追加国公立大入試一日目を終えた人たちへ

今日は国公立大学の入学二次試験だったはずだ。
難関大学の場合はきっと明日も試験があるに違いない。
今頃難関受験生がこのブログを見ているとすれば、
今日の一日目の試験でミスったためか何かだろうか。

僕はそういう態度を否定しない。何より僕自身が約10年前、一日目の試験を終えたときに、そういう心境だったからだ。僕は十五、六才の時には、数学に生まれ変わりたいほどに数学が好きだった。理系を志望したのもそれが影響していた。しかしある不条理な理由により、数学というものを学ぶすべのひとつを奪われ、僕は有り余る青春のエネルギーのぶつけ先について途方に暮れ、なんだか身の入らないままに宙ぶらりんな残りの高校二年間を終えていた。

結局理系志望という方針は変えなかった。入試一日目。しかしながら、得点源とするはずの数学が、気負いのせいかまったく解けないままに終了のベルを聞いた。落ち着いてから考えたがやはりどう計算しても五割の線が関の山だった。僕はその時、バスに乗る気さえ起きなくて、雨の中わざわざ傘をさして、歩いて宿まで帰っていった。

ここでくじければこれから浪人という一年が待ちかまえていることは分かっている。しかし翌日の二科目を巻き返しを賭けて戦うには、あまりに精神的ショックが大きすぎる。くじけるも振り絞るも自分次第だ。俺はこの分岐点でくじけるのだろうか。それとも力を振り絞るのだろうか。まさに自分の人生始まって以来の巨大な分岐点が数年前のこの夜の僕に突きつけられていた。

僕は、自分の人生始まって以来の過酷な分岐点という状況に耐えることができず、とりあえずテレビを点けていた。テレビなど見る暇があったら問題の一つでも解くなり、近所を散歩するなりするのが有効であることは分かっていたが、僕はそのセオリーを破ってテレビを点けるという行動に出ていた。テレビではなんだか知らないが番組をやっていた。ぼーっと見ているとどこかで見たことのあるような顔が出てきた。それはよくみれば、かの有名なITエンジニアであった。

僕が見たその番組は、僕がかねてから尊敬していたあるITエンジニアに取材した、かねてから尊敬していたあるドキュメンタリストの手による、新作ドキュメンタリーであったのだ。この人のドキュメンタリーはガキの頃一度見て興奮していたが、前年の暮れにも新作を見てやはり興奮していたのだった。それがまた今目の前で偶然にも展開されている。僕は興奮した。手に汗を握りながら、僕は食い入るように画面を見ていた。受験のこと、数学のこと、点数的に危うい状況にあること、そういったものの一切はすべて頭から消し飛んで、僕はただ一心に画面を見ていた。ただその画面の構成の美しさと、そのアメリカのIT技術者が目指した大いなる夢と、技術者に注がれたドキュメンタリストの深い愛と。僕はそれらを身体一杯、浴びるように味わっていた。全神経はそのことに費やされた。

気が付けば最後まで全部見てしまっていた。そして思った。ああ自分は、今このためにこそ大学入試をやっているのだと。このためというのが、ドキュメンタリーを作るためなのか、技術者になるためなのか、夢を追うためなのか、それは分からない。しかし自分はその時何故かダイレクトにそのような得心のしかたをしたのである。

僕は床に就いた。当然眠れるはずはなかった。翌日の試験は、隅々のあらゆる力を出し尽くした。得意なネタが出題されたときこれはチャンスなんだと言い聞かせながら筆を走らせた。見覚えのないネタでも真剣に読めば分かるはずだと信じて読み続けた。その結果、悔いのない試験になった。出し尽くしたのだから悔いはなかった。

約二週間後。

届いたのは、合格の知らせだった。
posted by 猫並 at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 想いで話

2005年02月25日

はてなブックマークに追加平和

ダイコンをゆでながらつっついている姿は平和だとおもった。
posted by 猫並 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族や親戚のこと

2005年02月24日

はてなブックマークに追加増資・新株予約権について解説してみる

この項ではニッポン放送株問題を扱いますが。
先に言っときます。正確で公平な説明は、新聞等で確認して下さいね。

既に4割を獲得したライブドアの持ち株比率を下げようとしますと、単純に考えれば、分母を増やせばいい。すなわち新株を発行して増資をすればいいわけです。なんと増資は取締役会のみで議決でき、株主総会の必要がないので、手間もいらずに簡単です。ところが、折角の新株も、敵対的買収者に買われたのでは意味がありません。つまり新株は特定の第三者に引き受けて貰いたいわけです。これが、第三者割り当て増資です。これはとりあえず、違法とはいえません。

この第三者割り当て増資をやると、当然ながらその“第三者”の持ち株比率はドカンと増加します。(当然会社にはお金が入ります)。数によってはその第三者の子会社になってしまうことも当然あります。しかし第三者割り当て増資の目的はまさにそこであり、会社が特定の会社の子会社になりたいときや、縁故者から縁故的な支援を受けて会社を立て直したいときに、主に用いられる方法なのです。

ただ、これといった目的もなく増資することは、商法で固く禁じられています。増資するにはそれなりの理由というものが必要になるわけです。例えば新工場を建てるとか負債を返済するなど。ニッポン放送は今回「スタジオ設備の充実のため」なんて言っているようですが、有楽町に新社屋を建てて移転したばかりの会社がこんなことを言ったって、誰も本気の理由だとは思いませんね。

営業規模が変わらないままに株数だけが増えれば、当然一株当たりの利益も目減りします。発言権も下がりますし、資産としても価値も下がります。ですから商法は根拠無き増資というものを禁じているわけですね。しかし、第三者割り当て増資が必要な会社というものは、それだけ経営的に切迫しているわけでもありますから、倒産ということになるよりは株主の利益を守っていると考えることもできる訳です。これが合法か非合法かは、ひとえにこの両者のかねあい、すなわち、株主の利益と経営の利益のどっちがどうなるのかによって決まってきます。

有名ないなげや事件では、この時の第三者割り当て増資は単に経営者の利益を守ろうとするものであり、違法だとの判決が下りました。ただその後、買い占めようとした秀和はバブル崩壊で窮地に陥り、いなげや株を手放しました。

それにしても、それほどの増資をするとなれば、当該の新株引受人は、莫大な買い取り資金を用意せねばなりません。そんなものが急に言われて用立てられるはずがないので、登場するのが新株予約権です。

新株予約権は、あらかじめ定められた値段でいつでもこの会社から新株を購入できる権利です。新株の実体を買うわけではないので、値段はタダ同然です。実際、ストックオプションといわれるものの多くがこの新株予約権ということで社員にタダで配られます。しかしこれは、予約権を行使した場合には必ず新株発行に応じなければならないのである意味増資ですね。従ってやはり合理的な言い訳が必要となり、スタジオ設備云々の言い訳が出るわけです。

いまひとつの問題は、その新株予約権を行使するときの、「あらかじめ定められた」株の値段だ。今回この値段は、フジのTOB価格と同じ 5,950円に設定されていて、市場価格よりは安いです。これがもし、市場調達より有利な条件での発行=有利発行と認められれば、新株予約権発行は直ちに、取締役会ではなく株主総会での議決事項となり、発行は違法となります。ただフジ側はこの額は、最近三ヶ月の平均よりは二割も高く、有利発行には当たらないとしています。
posted by 猫並 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年02月24日

はてなブックマークに追加アホにものを教える

母親にメールのやり方教えようとしたんだけど覚えてくれない原因は、
こっちにあるのか向こうにあるのかが分からず苦しんでいる。

うちのお袋は一種のアホなんだと思う。アホに普通に教えようとしても無理である。普通で無理ならどう教えればいいか。その方法的知識は僕にはない。従って僕もアホである。アホがアホに教えようとしているからうまくいかない。お互いにイライラする。

加えて、彼女はメールを一人でできるようになることではなく、ことある毎に一々僕の手を煩わせることの方をむしろ喜びと感じている部分がある。これでは覚えるわけがない。

ここまで書いてきて気付いたのだが。
これからはサポート一回百円ということでどうだろうか。
posted by 猫並 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族や親戚のこと

2005年02月23日

はてなブックマークに追加マウス変えた

マウスを光学式に変えた。しかしまだクリックの効きがおかしい。
マウスではなく悪いのはPS/2プラグの方かも知れない。
USB両用なのでUSBに差して今使っている。とりあえず目立った問題はない。PS/2プラグ自体がイカれたとなると、UNIXの操作がしにくくなる。マザーボード自体を変えなければいけないのか。

ペンタブレットのペンは、ディスプレイ前部の溝から発見された。
上下に突っ張った突っ張り棒が強過ぎて壁面下部に亀裂が出来ていた。

ライブドア・ニッポン放送・フジテレビ関係のニュース。何か書こうと思ったけど難しすぎて、テレビで報じられている以上のことは書けなかった。いや〜素人ってこんなもんだよね。悔しいねぇ。おやすみなさい。


[追記] USB接続でもチャタリングした。どないせぇと。
posted by 猫並 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT・苦労話

2005年02月22日

はてなブックマークに追加裁判員制度と弁護戦術(自問自答)

Q. 弁護人や検察が、戦術として大衆感情にアピールするような煽動を繰り広げ、結果として裁判員の判断を狂わせるような恐れはないか。
A. 裁判の場にそぐわないアピールは(「異議あり。弁護人の発言は〜〜〜です」のように)相手陣営ないし裁判官が遮るはず。また制度では、評決には裁判員と裁判官がともに一人以上賛成でなくてはならないとされており、たとえ裁判員が全員賛成でも裁判官が全員反対なら評議はやり直しとなる。


posted by 猫並 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

2005年02月21日

はてなブックマークに追加歯ぎしりするほどネットオークション

ネットオークションの終了時刻に鳴るようにセットしたはずのアラームが鳴らなくて品物を逃したのも悔しかったが、落とした品物と同じものがそれとは段違いの安値で新たに出品されているのも悔しいものだと身をもって知ったような日であった。

ていうかそれ、みんな悪いのは自分なんだけどね。あうち。
posted by 猫並 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 '05

2005年02月20日

はてなブックマークに追加政府動画「裁判員制度」

◇ 政府動画「裁判員制度」
評議で出される意見がみんな優等生的!なにげにBGMが僕が持ってる素材集の中の曲でびっくりした。カネかけてない点が好印象ですヮ。
posted by 猫並 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

2005年02月19日

はてなブックマークに追加ライブドアは買い増すのか

フジテレビによるTOBはほぼ成功した模様。

議決権を削がれたほりえもんは、本当にフジサンケイグループの取得を目指して、議決権回復をかけた増資のために50%獲得を狙うのかどうか。今後はここに着目したい。

僕だったら、現場の反発の強いフジテレビや産経新聞を無理に傘下におくという選択肢は避け、単にニッポン放送とのシナジーを高めていく方向に動くと思う。
posted by 猫並 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年02月18日

はてなブックマークに追加『十二人の怒れる男』ゲット

十二人の怒れる男』、借りられました。
早晩見てまたなんか感想を書きます。

◇ 関連記事:[1][2][3]
posted by 猫並 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 '05

2005年02月17日

はてなブックマークに追加裁判員になりたい人は問題か

◇ 情報トライアングル:市民裁判員先行記第18回
「『是非したい』という人のほうが、よっぽど問題ではないか」と書かれていてちょっとヒヤッとした。ひょっとしたら自分は、ことの重大性をよく認識していないのかなぁって。影響ですこし滅入った。

人の命を奪える権限の九分の一を握るってことは確かに重責だ。しかし、国に貢献したいという気持ちをそういう言葉で削ぐっていうのもどうかと思う。僕は基本的に国に貢献できることがあるなら貢献しようって気があるからこう言っているのである。ばっさばっさと人を面白半分に死刑にしたいから言っているのではない。


posted by 猫並 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

2005年02月16日

はてなブックマークに追加遅ればせながらバレンタインネタを

sashimi-choco.jpg2月14日に刺身を買ったらチョコが付いてきた。
刺身とチョコ。どうだこの究極の組み合わせ。
しかもチョコ数1up。

楽しいので来年もお願いします。
 
posted by 猫並 at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 '05

2005年02月15日

はてなブックマークに追加NHKスペシャルの感想 - あなたは人を裁けますか(2)

◇ NHKスペシャル 2004年2月13日(日)放送
司法大改革 あなたは人を裁けますか 裁判員制度 第二夜 討論編。

第二夜は、法曹三氏の責任的立場にある人たちをゲストに呼んでの茶話会だった。お茶菓子として、NHKアンケート結果や、模擬裁判のリポート、市民参加の裁判先進国であるイタリアのリポートが入った。

印象に残ったのはやはりもう70年もこういう裁判をやっているイタリアのリポートである。裁判官は参審員(裁判員)を必要有益と感じ、被告人でさえ市民に裁かれるのを本望としている。市民社会の真の姿という感じだ。

印象に残ったもう一つの点は、検察庁幹部が「エベレストにも登るような」とまで表現した、裁判員の負担を極限まで下げようとするためのさまざまな努力だ。最長でも三日で判決が出せるような下準備をするための準備、CGの導入の準備や専門用語の翻訳など、あらゆる努力をやっている様子が報告されていた。

この人らにここまでの努力をさせておいて、「やりたくない64%」ってのは、ちょっとどうなのかなあって、僕は思った。

戦前は国が国民を強制的に戦場へ送り込んだ。それに比べれば、という言い方はこの場合適切ではないのかも知れないが、裁判員として参加するくらい、苦労でもなんでもないんじゃないかというふうに思う。

◇ 再放送は今日深夜 24:15〜25:29 ┃ 関連記事 [1][2]
posted by 猫並 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(4) | 裁判員制度

2005年02月14日

はてなブックマークに追加たたけぇ

なんでもドラゴンボールZのゲーム第三弾が発売されたようで、店でもプロモーションビデオがガンガン流れていたわけですが、その中で悟空がいきなり、
「オラたちのたたけぇを見てくれよな!」
みたいなことを言った。

いやいやちょっと待って下さいよ野沢さん。
「おおきい」→「でけぇ」これは納得できますよ。形容詞だ。しかし、
「たたかい」→「たたけぇ」はないでしょう。名詞ですよだってこれ。
「妖怪」→「ようけぇ」、「お茶会」→「お茶けぇ」、「展開」→「てんけぇ(典型?)」
なんて言い出したら意味変わっちゃいますから!残念!NG!
posted by 猫並 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 '05

2005年02月13日

はてなブックマークに追加堀江氏のシナジー

◇ 堀江社長「フジの試み意味分からぬ」 - asahi.com
商法によれば、相手の株を25%以上持つと、その社の自社に対する議決権がなくなるそうです。フジはこれを狙って25%を目標として、ニッポン放送の株買い付けを行っているとみられます。しかし堀江氏は、この行動を意味不明だと形容。ニッポン放送の株を更に買い増して50%を保有し同放送を完全支配下に置いた上で、同放送にフジの株をあと数%買い増させ、保有率を25%とすれば、フジのニッポン放送に対する議決権を奪えるというのです。

ただこれをやると、途中でニッポン放送の株保有率が、上位10保有者で80%を超えかねないため、東証上場停止という恐れもあります。しかし実際には、停止するまで猶予期間が1年あることになっています。このことは当の堀江氏も明言していますので、彼は恐らくその1年はじっくりとフジと勝負する心構えであるのでしょう。

「地上波を傘下において何するの?」「“シナジー(相乗効果)”の具体的な姿って何?」という素朴な疑問は、僕を含め多くの人たちが持っているかと思われます。しかし彼の頭ん中は、とりあえず手駒を揃えることだけで精一杯で、恐らくその先の具体像まではまだないと思います。

しかし、地上波・ネット・新聞・銀行を傘下におさめる企業なんて、日本には一社もありません。従って成功すればライブドアは間違いなくオンリーワン企業になります。となれば何をやってもオンリーワンサービスですから、当然一人勝ち儲けまくりウハウハ状態ということです。具体像なくたって儲かることが見えちゃってる。

小市民が信用金庫から金借りようと思えば、青写真をしつこく聞かれるんだと想像するわけですが、この男はこんな風に、青写真なくても儲けられるってことが見えちゃったんだろうと思います。稼ぐが勝ちというやつです。

素人はこれでこれから世の中がどう変わるのかにどうしても目が行ってしまいがちですが、堀江氏はきっとそれには興味がないでしょう。そういうのはいわば肉付けであり、骨組みを組んだ後で考えれば十分と思っている。

今後の動向が注目されるところです。

◇ 関連記事コメント

※この問題についての記事はカテゴリで一覧できます。
posted by 猫並 at 13:52 | Comment(4) | TrackBack(9) | ライブドア考

2005年02月13日

はてなブックマークに追加NHKスペシャルの感想 - あなたは人を裁けますか(1)

◇ NHKスペシャル 2004年2月12日(土)放送
司法大改革 あなたは人を裁けますか 裁判員制度 第一夜 ドラマ編。

ドラマで見れば裁判員制度にも実感が持てるかなと思ったのだが、芝居じみててリアリティが薄かったかも知れません。

十二人の怒れる男』というアメリカ映画。僕は見ていませんが、もしかしたらそちらを見た方が面白いのかも知れません。

このドラマでは、裁判員をきっかけに新たな証拠が提出。さらに裁判員の質問をきっかけに被告が新たな供述を始め、これが結局は信頼性があると認められます。懲役六年の求刑に対し、裁判官プラス裁判員6名の多数決で、刑は懲役三年・執行猶予五年と確定。被告は一度分裂状態に陥った家族と再び暮らすという「より厳しい判決」(by 内山理名)を受けることになったのです。

深いですね。めっさ深い。並の裁判官ではこうは行きません(←あくまで想像)。
裁判員の参加で裁判がこんな風に深まったら、面白くなると思いますね。

この記事も是非コメントトラバ
posted by 猫並 at 12:55 | Comment(4) | TrackBack(7) | 裁判員制度

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。