2006年01月26日

はてなブックマークに追加ホリエモン・レクイエム


勾留中の堀江貴文容疑者であるが、報道によれば、合併を巡る一連の事実関係については知っていると供述しているものの、「違法なことはしていない」として容疑は否認している。

堀江前社長 買収の経緯は把握 - NHKニュース

予想通りだった。

この事件の中で最も難しいのは「違法性の認識」だと思っていた。特捜部が動くぐらいだから裁判で有罪に持ち込めるくらいの証拠は上がっている(上がる)に決まっているのだが、裁判ということをとりあえず別にして、この男に本当に違法性の認識があったかどうかと考えると、正直それは実際になかったように思えるのだ。(だからといってもちろん罪を免れることは出来ないが)。

ニッポン放送を買収したとき、その意図や意味するところを巡って様々な見方が飛び交った。しかし、結局はきっと“遊びで買った”に過ぎないのだ。遊びで買ったが故に、意図不明であり、何するか分からんという恐怖感があり、あれほど世間が騒然としたわけだ。近鉄の時もそうだ。単に底値なので買っておこうと思っただけの話であり、“参入”だとかそういう面倒臭いことになるとはまるで考えなかったに違いない。

時価総額で世界一を目指すなどというお題目が、逮捕以来一躍紙面をにぎわせていたが、これとてこの会社の真の目標であるとは考えがたい。買える物を買って合併買収で膨れ上がり、気が付いてみたら時価総額がぐんぐん上昇している。折角だからじゃあそれで世界一でも目指すかみたいに成り行きで決まった後付けの理屈に過ぎない。宇宙事業も、旧友の「堀江君、これからは宇宙だよ。」の一言で始まったといわれる。メディアに露出して馬鹿騒ぎする効果も、近鉄の時で味を占めたといわれている。

選挙で負けてから livedoor 尾道 なんていうサイトを立ち上げたり個人事務所を設けたりしたのも、悔しさに反応してのことに過ぎない。亀井静香に負けた、亀井静香ほど人々にはアピールしなかったという悔しさを、いつまでも引きずってこういう行動に出てくるのだ。利益の付け替えや偽計取引に手を染めたのもそうだ。球界参入を楽天にさらわれた悔しさに反発してのことなのである。楽天に負けた原因は彼にしてみればカネの不足であり、だからこそ粉飾してまで会社を申し分ない程度まで引き上げたいと考えたのだ。

宮内元取締役以下3人は、容疑を全面的に認めているらしいが、彼らは専門家であり実行部隊であるから、その違法性というものにも気づいていた。しかし上から腹いせで命令を下している人間にはまったくそこまで見えてはいない。復讐心に駆られ前後不覚になってこういうことに手を出すのだから、違法性の認識がないのは当然である。しかももともと複雑な証券界のスキームと来ている。そのスキームが何を意味するかまで、充分把握できていたかどうかさえ疑わしいのではないだろうか。堀江はとりあえず説明を聞き、よく分からないながらも儲かるんだから良いだろうということでゴーサインを出したのかも知れない。そうなれば、堀江を罪に問えるのかどうか。僕はそこまで法律に詳しくないのでよく分からない。

結局この人は、クラゲがつつかれて毒を出すように、反射的に生きるしかないのかも知れない*1

過去をえぐり返すいつものマスコミ取材によれば、ホリエモンはかなり目立たない存在であったらしい。目立たない存在であったということは、裏を返せばあまり目をかけてもらえなかったということでもある。欲望を露出させ大目玉を食らってぐっと怺えることを教わるとか、そういうことがあまりなかったのかも知れない。

まぁ……、しょうがないだろう。


*1

しかし……。今にして振り返ると一つだけ、マイナスの印象として思い当たることがある。それは、堀江氏から中長期的に何か特定の技術なりコンテンツ分野でナンバーワンの事業を育てるといったビジョンを聞いた記憶がないことだ。

ライブドア事件で考えたこと──社員にとっての「夢」とは?:IT Pro

posted by 猫並 at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。