2005年10月14日

はてなブックマークに追加村上ファンドと楽天によるTBS買収の件

おそらく世論は楽天に対してやり方が汚いとか金の亡者だとか言って批判しているのだと思うけれども、この件は楽天の側にも一応の言い分はある。

そもそもテレビ番組のネット配信には権利関係で解決しなければならない課題が大量にある。ところが、広告媒体の不動の王者であり、安価な労働力(=AD)は供給がやまず、電波の有限性から寡占状態も保証されている民法キー局という存在は、そこまでしなくても儲かる仕組みが確立しているのだ(但し将来は知らない)。こんな企業相手にに玄関から事業提案を行っても相手にされるわけがない。資本の論理で攻め入るのも仕方のない話ではある。

ホリエモンのニッポン放送買収の時は、ニッポン放送をいわば「踏み台」として用いたからあれだけ批判した。直接フジなら僕はあれほど批判はしていない。

経済全体から言っても、TBSが及び腰だった新事業への進出に本腰を入れることになるのだから好ましい展開といえる。


ところが村上氏は昨日のテレビ番組(ワールドビジネスサテライト)で、TBSは安いという話を、村上ファンドが大量買いしたことが表沙汰になる期限(つまり今日)の日付をちらつかせながら、多方面に捲いていたことを明らかにした。

このことは、ヒルズの一群の経営者連中のネットワークとその資金が、日本経済を裏で揺さぶる可能性を想起させる。考えてみれば、ニッポン放送経由フジテレビというシナリオも、書いたのは村上ファンドであった。単なる役者であるホリエモンは、舞台に出た途端台詞を忘れ(想定の範囲内ですを繰り返し)、もつれた事態は痛み分けのような決着に落ち着いた。

今度の楽天による買収劇も、シナリオを吹き込んだのは村上ファンドである可能性が高い。楽天は自らの意思でTBSと交渉を進めているつもりでも、実は村上ファンドの手駒の一つになっている可能性がある。

見かけは礼儀正しい三木谷社長でも、存外この交渉はもつれにもつれる可能性はあると思う。
posted by 猫並 at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(3) | ライブドア考 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8114693
この記事へのトラックバック
狙われたTBS 97年に設立された楽天の資産の時価総額が1兆円だという。インターネットショッピングモールの会社が傘下に証券会社や旅行会社を治めているとはいえ、年商は450億円ほど。資産価値とは大半が1株8万円の株価の..
Tracked 2005-10-14 09:18 from かきなぐりプレス
株式資本主義(TBS株式買収問題) 既に乗り遅れた感があるのだが、TBSの株式を巡る楽天(三木谷浩史氏)と村上ファンド(村上世彰氏)の話である。ここにきて14日付産経新聞報道で気になるコメントを見つけたので書こうと思う。気になるコメント..
Tracked 2005-10-16 11:23 from 時評親爺
最大よりも最良たれ 「世界一のインターネット・サービス企業を目指す」これが楽天グループが掲げている目標だ。”世界一”というのが、大きさなのか質なのか明文化されていないが、三木谷社長がTBSとの経営統合を目指すということは..
Tracked 2005-10-16 15:40 from Hotta World:: 「活・喝・勝」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。