2006年02月02日

はてなブックマークに追加公認会計士・山田真哉氏と堀江貴文ライブドア前社長

ライブドアの会計トリックについて、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』著者の山田真哉氏が、これまでブログや取材等で語ってきたことをまとめたエントリライブドア事件特集ブログというところに上がっていた。

≫続きを読む
posted by 猫並 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2006年01月30日

2006年01月30日

2006年01月26日

はてなブックマークに追加ホリエモン・レクイエム


勾留中の堀江貴文容疑者であるが、報道によれば、合併を巡る一連の事実関係については知っていると供述しているものの、「違法なことはしていない」として容疑は否認している。

堀江前社長 買収の経緯は把握 - NHKニュース

予想通りだった。

≫続きを読む
posted by 猫並 at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2006年01月21日

はてなブックマークに追加報道ステーションと探偵ファイル、ライブドア忘年会と歌のゲスト

報道ステーション探偵ファイル に手を出した。ライブドア関連のニュースの際、昨年開かれたライブドアの忘年会の映像を探偵ファイルから提供を受け、資料提供として左上に「探偵ファイル」の名前とURLを表示していた。秒数は計っていないがかなり長いこと表示されていたと思う。

耐震偽装事件の黒幕を総合経営研究所の内河健氏と絞り込んだ情報の出所もきっと「きっこの日記」であるはずで、地上波の記者がブロガーと同じものを情報源としていそうな現状に、興ざめな気がするのは僕が遅れているからだろうか。

続きを読む
posted by 猫並 at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | ライブドア考

2006年01月20日

はてなブックマークに追加東京地検特捜部のターゲットはどのようにして決まるのかを知らない

創難駄クリキンディーズ2004福岡: ライブドアが強制捜査された件について、「出る杭は打たれる」を持ち出す人達の日本語力は大丈夫ですか?
ガ島通信 - 東京地検特捜部を知るための本
ガ島通信 - マスコミは国民の鏡

上記エントリを読んでいろいろ考えたのですが。

結論から言うと、東京地検特捜部はどうやってターゲットを「それ」に絞るのか───つまり、日本全土に跳梁跋扈するおびただしい罪どものなかから、いかにして自分たちが総力をあげて調べ上げるに値する標的を確定させてくるのか、僕はその基準についてほとんど知らないなぁと。

≫続きを読む
posted by 猫並 at 16:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | ライブドア考

2006年01月15日

はてなブックマークに追加ライブドアブログのトラックバック仕様変更

ライブドアは1月10日より、いわゆる「言及リンク」のない記事からのトラックバックを受け付けないようにする仕様変更を実施した。

内容
正確には、必ずしもリンクである必要はなく、送信元となる記事ページの中にトラックバックを飛ばす相手のブログ(ライブドアブログ)のURLが含まれてさえいればよい。またURLは記事URLではなくブログ自体のURLでも構わず、別の記事や存在しない記事のURLでも構わない。要するに、 http://blog.livedoor.com/daresore/ の部分がページ内のどこかに記載されていればそれで受け容れられる仕様だ。

また、記事内にURLの記載が無くても、ページ内のどこか、例えばサイドバー等に同等の記載やリンクがあれば、トラックバックは受理される。従って、お友達ブログなどとしてサイドバーに固定リンクを設置しているブログの場合、そのブログ相手には、各記事で言及リンクを付けなくてもトラックバックは受理される。

≫続きを読む
posted by 猫並 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | ライブドア考

2005年10月14日

はてなブックマークに追加村上ファンドと楽天によるTBS買収の件

おそらく世論は楽天に対してやり方が汚いとか金の亡者だとか言って批判しているのだと思うけれども、この件は楽天の側にも一応の言い分はある。

続きを読む≫
posted by 猫並 at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(3) | ライブドア考

2005年09月17日

はてなブックマークに追加人生ゲームM&A

人生ゲームM&A - を Amazon.co.jpで見る人生ゲームM&A

一連の買収騒動をゲームとして取り入れた『人生ゲームM&A』が9月29日に発売される。そのライブドアスペシャルエディションが、9月23日に千個限定で先行発売される(現在予約受付中)。スペシャルエディションではなにげに表紙絵の男の子が美化された堀江社長になっていて、お札の肖像画もホリエモンという徹底ぶり。絵描きさんはグッジョブだがこれではライブドアの漬け物になりそうだ。プロモーションとして敢行された社員に遊ばせるイベントでも、きっと嬉しい悲鳴がそこここで上がっただろう。

ある意味恐ろしいゲームだと思います。興味のある方はどうぞ。
posted by 猫並 at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年07月28日

はてなブックマークに追加一応の結論 - livedoor Blog ページ挟み込み問題

livedoor Blog 開発日誌は27日、無料版 livedoor Blog の記事内のリンクが livedoor 外であった場合に確認画面を出す仕様としたことについて、8月8日以降はこれをアダルトカテゴリのブログのみに適用することを発表した。→当該記事

記事によれば、ページ挟み込みは当初よりワンクリック詐欺などの被害から閲覧者を守る目的だったが、調査の結果そうした悪質なリンクがアダルトカテゴリに集中していたことが判明、今回の結論に至ったとしている。

挟み込みページはあまりにも素っ気ないせいでアフィリエイト効果が落ちると当初から評判が悪かったが、ユーザーが社長日記で直訴したことで、有料版を適用除外とするなど対応が迷走。今回の表明でようやく結論らしい結論が出た形となる。

[前記事] livedoor Blog 極悪ジャンプページその後
posted by 猫並 at 05:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年07月21日

はてなブックマークに追加紹介:透明人間のパラドックス

透明人間のパラドックス・長文版投げかけ編

創難駄クリキンディーズ2004福岡さんが非常に興味深い記事をアップされましたので、老若男女問わず是非読んでいただきたいなと思います。創難駄クリキンディーズ2004福岡さんはきっとメインはスポーツ応援ブログだと思うのですが、ヴィッセル神戸のユニホームがえんじに変わるということを数ヶ月もの間ま全く気付かなかったモグリ神戸人(笑)の僕には、なかなかこういう話題しかクロスオーバーすることがなくって正直申し訳ないなぁと感じている次第です。ほぼ毎日チェックはさせていただいているんですけれども。

以前フジテレビvsライブドアの余韻未ださめやらぬ時期に、創難駄…さんではホリエモンのことを記述する際に話の順序としてまずこの透明人間のパラドックスを説明する必要があるというようなことを書かれていました。ホリエモンはその後あの程度のものをパブリックジャーナリズムと銘打って始めたり、ブログとWikiの中間点のようなものを作っておいてこれはWikiですといってリリースしたりするなど、そのことを上っ面だけではなく五感で知っている人間からすればどうもかちんとくるようなわけの分からないサービスを打ち出してきているわけですけれども、その背後にもやはりこのホリエモンの「分かってなさ」、即ち経営アンドロイド(by 別冊宝島)には細々したことがいわれても分からない矛盾というものがある気がします。

これはひょっとしたらかまととか、ないしは経営戦略上の意図的なかまととではないかと疑ったりもするわけですが、案外本当に知らないのかも知れず、ただ現にこうした意志疎通の図りにくさが存在するのは事実なわけで、いかんともしがないなぁと。

この手の話は幾ら述べてもきりがありませんのでこの辺でおしまいにさせていただきますが、透明人間のパラドックスという言葉は分かり易くてセンスがいいと思いました。
posted by 猫並 at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年07月12日

はてなブックマークに追加極悪ジャンプページ・その後

昨日深夜、小生のライブドアにあるブログをPRO版にして確認したところ、早くもジャンプページは取り除かれていた。あまりにも行動が早い。
昨日の一連の流れを時系列に沿ってまとめてみた。

※ livedoor 社長日記での質疑応答詳細(抜粋)はほっとメール@ひたちでどうぞ。茨城県議井手よしひろ氏のblogです。
 [07/10 01:38] livedoorの外部リンクの仕様変更に抗議します!
 [07/11 22:57] (有料版とウォレット利用者への対応表明まで)
 [07/13 09:25] (独自ドメイン利用者への対応表明まで)
[後続記事] 一応の結論 - livedoor Blog ページ挟み込み問題
[前の記事] livedoor Blog 極悪ジャンプページ

続きを読む
posted by 猫並 at 23:06 | Comment(7) | TrackBack(4) | ライブドア考

2005年07月11日

はてなブックマークに追加ホリエモン in 万博瀬戸会場の件

ホリエモンが招かれた愛・地球博の講演で、マスコミシャットアウトや場内撮影・録音の可不可などを巡って主催者側・運営側等で連絡ミスが発生し、各マスコミを憤らせる結果となったようだ。

中日新聞記事:
 [1]万博でも堀江“騒動” あす講演会
 [2]堀江ライブドア社長講演、一転撮影OK 協会振り回される
読売新聞記事:
 [3]万博でホリエモン“厳戒態勢”
共同通信系記事: [4]共同通信/Yahoo! [5]スポニチ

[2]によれば、ライブドア側は事前にマスコミを含め、録音・撮影は一切不可としていた。しかし講演の直前に一転許可。それはこちらのブログ記事によればなんとホリエモンの「別にいいですよ」の一言だったという。

ただし[4][5]に掲載されている写真は演壇に立つホリエモンの姿ではなく、車で会場を去るホリエモンの姿だ。あまりにも気さくなホリエモンの真意を測りかねた通信社が、後々のもめ事を避けてこうした───と思ったら、なんとマスコミ関係者にだけは撮影・録音禁止を適用したのだという。
[6] livedoor 社長日記 「 7/7(木) 愛知万博で講演 」

彼はブログで[1]の記事に対しても言及。マスコミに制限を課したのは自分たちだが、入場整理券は自分たちではないとし、「こういう風に拡大解釈しちゃうんだよね。この人たちは。」「悪意のあるマスコミ関係者が(中略)当方に都合の悪い記事になるように歪曲して書くのは定番なので…」などと書き連ねた。


それにしても、録音・撮影の禁止を強く申し入れたのは、常識で考えればライブドア広報・乙部綾子女史以外に考えられない。[2]の記事によれば禁止の事実は整理券や場内張り紙などでずいぶんと念入りに周知徹底が図られていたわけだが、それを一言でアッサリ覆してしまうホリエモンの姿。乙部氏は舞台袖からどう見ていたのか、非常に気になるところである。
[7] ライブドア広報・乙部綾子のお仕事日記 7/7 「 愛・地球博 」
posted by 猫並 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年07月10日

はてなブックマークに追加livedoor Blog 極悪ジャンプページ

ライブドアブログがまたもやユーザーに無断で仕様変更を行い、ユーザの批判を浴びている。同社は昨年、ブログの著作権関係の規定を勝手にいじろうとして多くの批判に晒されたばかりだ。

ライブドアジャンプ問題となっているのは、ブログの記事の中にライブドア外へのリンクを埋め込んだ場合に、表示に際してはそれがライブドアの外であることを示すジャンプページ(左図のような)を経由するリンクになるというものだ。

こうしたジャンプページは決して珍しいものではなく、文責を明らかにする目的でよく用いられている(例:愛・地球博)。ジャンプページを経由すれば相手サイトにリンク元として通知されるのがそのジャンプページということになるので、これを利用して、本当のリンク元を探知されにくくするという用途もある。2ちゃんねるやしたらばでのジャンプページは主にこの用途であろう。

ただ今回の仕様変更ではこうしたことが目的だとはどうしても考えにくい。なぜなら、ライブドア内であっても文責の異なるページは幾らでも存在するからだ。しかも、今回の変更を見る限りでは、この適用は記事内からのリンクに限られていて、サイドバーに設置したリンクはこの適用を受けない。不可解なのは、トラックバックやコメントのURL欄のリンクが、この適用を受けることだ。区別せねばならぬとすれば、それが自分のブログかどうかということなのであって、ライブドアブログかどうかというのは関係ない。AAACafe であってもきちんとライブドア“内”と認識する周到なコーディングは見上げたものだが、その意味が見当たらない。

おそらく今回の仕様変更は、文責を明らかにするとかそういう次元の問題ではないのではないだろうか。彼らは要するに、分厚い城壁でライブドアユーザーを信者として囲い込もうとしているのである。先日スタートした livedoor Wiki が、ライブドアユーザーでないと編集できないのも、こうした一連の戦略を考えれば、当然の成り行きであると見ることもできる。Wikiも何もかもひっくるめてライブドアの外部へ逃げ出すユーザーがいないとでも思っているにちがいない。


この仕様変更でおそらく最も実害を被っているのはアフィリエイトブログのユーザーだ。ライブドアブックスやライブドアデパートにリンクして商品を紹介しているうちは何も言われないが、ひとたび Amazon や 楽天 にリンクして商品を紹介するやいなや、突如として上記のような味も素っ気もない突き放したような警告画面をかまされる羽目になる。買い手の買う気を削がれたくなかったら、株式会社ライブドアの一味として、ライブドア内で買い物をさせなさい、とでも言われているようだ。

しかもユーザーに何の断りもなく実行されたことでもこの仕様変更はあまたの批判を浴びている。筆者が最近注目している livedoor Wiki にも不気味な規定があり、公式 Wiki にライブドア社員が規約変更を書き込んだだけで、何の苦もなくその日から規約が変更されてしまうと書いてある。こんなおっそろしい Wiki を本格的に利用しようとするのは、僕の頭では一部のバカと物好きとチャレンジャー以外には考えられない(やや言い過ぎ)。

乙部綾子のがんばりにも関わらず、ライブドアは再びかくの如き実態を露呈してしまった。この先どうなっていくのかが非常に心配なところである。

[当ブログ関連記事] これはWikiなのか!? 〜 livedoor Wiki 登場
[当ブログ関連記事] 猫並Wikilivedoor Wiki の登場を聞いて思ったこと
[外部記事] まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。さんの記事
[外部記事] うたたねの記、さんの記事
livedoor Blog利用規約livedoor Wiki利用規約Seesaa blog 利用規約
[後続記事][1][2]
posted by 猫並 at 16:27 | Comment(2) | TrackBack(6) | ライブドア考

2005年05月18日

はてなブックマークに追加PJの編集方針とライブドアの関係

ライブドアPJニュースでこのような記事を見つけて唖然とした。これは、公認会計士の山田真哉氏が日本テレビの番組『世界一受けたい授業』に出演したときの感想を書いた記事だが、まずその放送日が間違っている(※訂正された模様)。さらに中身を読めば、授業内容がまったく理解されていないことに驚く。

この番組はベストセラーの著者を招いて授業をしてもらうのが基本路線の番組であり、山田真哉氏も『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』を書いて35万部のベストセラーとなっている。PJとして、この新書の存在を知らなかったとは言わせない。授業内容が理解できなかったのであれば、書店へ走ってこれを買って読めばよい。少なくとも著書の方ではその主張するところは分かり易く書かれている。その上で、テレビでは分からなかったのなら、テレビの伝え方などを批判するべきであろう。

正直言ってライブドアPJニュースには、記事間(およびライター間)に質の差がありすぎる。こんな記事もPJニュースかと思えば、OCWの試みなどもPJニュース配信される。何せ市民記者が初回研修一回で放ったらかしになるのだから当然といえば当然だが、見る側の気持ちを考えたサイト作りをするのであれば、もっとライターの質が向上する方策を練るとか、質はそのままでもサイト側で地域別・ライター別のインデックスを作るなどして、利便性を向上させてもらいたい。このくらいのことはライブドアのかかえる資金と技術スタッフの力をもってすれば明日にでも可能なことのはずである。そしてそれができないなら、それはやはり僕ら利用者が、ライブドア側から低く見積もられている証拠ではないかと思う。

以前から言おうと思っていたことであるが、この会社には崇高な理念やら理想など、たとえあるように見えてもないのである。彼らの掲げるもっともらしい理念や理想は、所詮は合法的に人を呼び込むための販促ツールに過ぎない。内容の真偽は問題ではない。フランクな言い方をすれば“うそっぱち”に過ぎないのだ。私企業であるライブドアに利潤を追求するなとは言わない。しかしせめてその過程で、あたかも自分たちは崇高な理念や理想に従って行動していますみたいなことをぬけぬけと抜かしながら行動するのはやめてもらいたいのだ。

乙部綾子のお仕事日記も、ついにトラックバック受け入れを停止してしまった※。寄せられるトラックバックに誠実に対応しておられる姿勢を見て、僕は正直この人のこの姿勢でライブドアのイメージは根底から覆るのではないかと思ったほどだ。しかし結局はこの有様である。広報一人が頑張っても、ライブドアの企業体質にはさしたる影響を及ぼせなかったということだろう。
※[訂正]5月16日より受付を再開していました。お詫びして訂正を致します。

◇ 山田真哉工房 ◇ 世界一受けたい授業 - NTV
◇ 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』 - Amazon.co.jp
posted by 猫並 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年04月25日

はてなブックマークに追加お仕事日記・再び

先日言及したお仕事日記。お笑いコンビの紹介は宣伝をかねたのではないということで、変に疑ったりしてすみませんでした。ちなみにスピードワゴンは僕も好きなお笑いコンビです。「小沢さ〜〜ん!?」とか最高です。

Seesaaに引っ越してきて約一年になるのですが、最初にブログを持ったのはライブドアブログでした。引っ越した理由は色々ありますけど、ライブドアブログはせっかくCSSカスタマイズが可能なのに、タグのクラス指定などに統一感がなく場当たり的なHTMLを吐いていたというのもひとつの原因です。ライブドアブログはこういうところで地味に価値が下がってんじゃないでしょうか。Seesaはその点こちらこの記事などにある通り、すっきりした形になっていてカスタマイズがしやすいです。今度担当者に会ったらそこら辺よろしく言っといて下さい。

今後またライブドアにかんして惜しいとか勿体ないとか思うことがあったら随時ブログに追加していく予定です(この予定は今決めた)。お手すきの時にはちらほら覗きに来て下さい。それでは。
posted by 猫並 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年04月23日

はてなブックマークに追加ライブドアの選抜

livedoor Blog でブログを開設し、
1ヶ月以内にトラックバック 50 個を達成すること
というのがライブドアの新卒採用試験の課題だったそうです(2004年度・ディレクター職/ソースこちら様)。賛否両論はあるでしょうがある程度の無茶を吸収するのは社員の役目なのでまぁ良しとしましょう。しかしね。

月50個っていうのは難しい目標だと僕は思う。そしてこれを達成しないと次の選抜に進めないわけだから、みんな血眼で達成を試みるはずだ。そうなれば、ブログの有効な利用法とか、ネット社会においてブログの登場は何をもたらすのかなどを考えるヒマをなげうってひたすらトラックバックに専心した人間が、そうでない人間よりもライブドアの選抜においてはより上の面接に進めるわけだ。

果たしてそれがライブドアにとって得か損か?
posted by 猫並 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア考

2005年04月21日

はてなブックマークに追加乙部ブログ

例の乙部さんがブログをやっているのだが。
└─→ ライブドア広報・乙部綾子のお仕事日記

これがなんともあやふやなものだ。例えばこの記事。彼女はここでストレス解消法としてお笑いコンビ・スピードワゴンのDVDを見ることがいかに素晴らしいかをさんざん語りまくるが、最後に「ちなみに、スピードワゴンのお二人もBlogを書いていらっしゃるんですよ。」とリンクが続く。両者はともにライブドア内に今月開設されたブログだ。

「今年は何を贈ろう…」などという思わせぶりな書き出しで始まっていながら最後に母の日の贈答品のリンク(ライブドアデパート)が来たり、ライブドアデパートの美肌グッズを試したという記事の最後に「明日もまた巻いて寝よう」などと書いたりもしている。───世間はこういうのを「白々しい」と見るのではないか。

記事とも広告ともつかぬ広告は週刊誌のまんなか辺りによく存在するが、あれはあれなりに世間的な認知というものがあるだろう。放送のような連続体の中にだって広告はあるが、広告がどこなのかをきちんと区別しないならば放送法第51条の2に触れることになる。ブログは今のところそういうものはないが、「お仕事日記」のように広告記事と自分の仕事上のエピソードや苦労話などを、カテゴリ分けもなしに並べられると、読む方はどうしたって眉間にしわが寄る。

先日の3者合同記者会見の記事にある「感激はひとしおでした」「今後もがんばっていきます」「ありがとうございました」も、こういうラインナップの中では、通常その言葉に伴われるはずの重い意味というものが感じられなくなってしまう。人に本当に伝えたいことも、こういう中に埋もれたら浮くわけだ。「かつては、顧客を大切にする文化を持たない会社だったけれど、これでも随分ましになったのです。温かく見守ってください。」という彼女の言葉。きっとおかしいのは会社であって、彼女自身はまともなのだろう───と思えるようになることを祈る。
posted by 猫並 at 19:36 | Comment(1) | TrackBack(3) | ライブドア考

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。