2005年06月28日

はてなブックマークに追加livedoor Wiki の登場をきいて思ったこと

◇ 「ブログの次はWiki」〜livedoor Wikiが7月7日に開始

むかつくな〜。頼むから失敗してくれと願いたい。


昨日、ネットは一部の大人の遊びにすべきではないなどと言っておきながらこういうこと言うのは気が引けるが、Wikiまでお手軽なツールとして一般に広められると、Wikiっていうだけではお客が来なくなるので迷惑である。まいたけの人口栽培で手作りまいたけの値段が下がるようなものだ。心を込めて丁寧にまいたけを作る作業が、技術の進歩によりいらない作業になる。livedoor Wiki の登場もそれと似たようなものだ。既存のWikiを自分のサイトに合うように必死で改良していたのがばからしく思えてしまう。

こうしたことはブログの登場時にもあったと予想される。ブログの登場までは人々はHTMLを手作りでコーディングし、職人的にホームページを作ってきた。ところがブログの登場でホームページは簡単に誰もが持てるものになる。HTMLの勉強も理解も必要がなくなって、それまでそれなりに頑張ってきた僕らを唖然とさせてしまう。しかしこの変化は、潜在的な情報発信欲求層を掘り起こしてネットに供給した。ネットはより豊かな生態系へと進化(深化)して、今結果的に賑わっている。

livedoor Wiki はこうしたことを起こす可能性がある。僕みたいな職人はまたしてもネットの隅に追いやられかねない。状況は苦々しい。しかしながら、このサービスがもし潜在的なネット需要の鉱脈を掘り当て、結果的にネットを発展させたら、それはそれで良かったと思うしかない。時代とはそういうものだと思っている。


僕は大学時代に『スーパーの女』(伊丹十三 監督)という映画を二度見た。宮本信子演じる因襲破壊者・井上花子の働きっぷりに心から拍手を送りながら見た一度目に対し、二度目は自分でもびっくりするくらい、職人としての魂を削がれた悲しき裏方たちの姿に心を寄せて見てしまっていた。伊丹監督がこの映画をヒーローものにすることなく、日陰部分まで詳細に描く作品にしていたということには、まったく脱帽するほかはない。僕はこのことをもって、不要となるべくして不要といわれるなら、それは悲しいけれども仕方のないことだとも思うようになった。

監督は、その後僕の在学中に自殺した。享年64歳。


◇ 『スーパーの女』 - goo映画|[後続記事]猫並Wiki
posted by 猫並 at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2005年06月08日

はてなブックマークに追加犯罪享楽者の取扱い

こことは別にやっているホームページに遊びに来てるヤツで、笑いのツボが明らかに反社会的なヤツがいるんだよね。追い払いたいのは山々だが、追い払っても追い払ってもやってくるので、今は費用対効果を考えてそのままにしてある。

詐欺と強姦と児童性愛とをこよなく愛しているという感じで、ことあるごとにそういうことを書き込んでは、出来上がったそれを見て喜んでいる。美的感覚が我々一般人とはかけ離れているんだよね。たまにマンガでも、詐欺や強姦などの反社会的な喜びを除いたら他に何の価値も残らないような作品を世に出す漫画家がいるけど、頭の構造はそれと同じだといっていい。

そういった内容を喜ぶ神経には正直付いていけないし、ついていこうとも思わない。そもそもついていってはいけない類のものであろう。こういうことを書き込み続けられると、僕らのサイトは安心して他人に勧められるものではなくなってしまうのである。一緒にやってきた人間の中には、それ良しとする人間もいるけれども、僕はそれはいけないと思っている。こういう人間の混入をないものと考えてきた僕の認識も甘かったといえなくもないが、あのサイトの方針としてこういうのは認めないのが僕の考えだったのである。
posted by 猫並 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2005年03月28日

はてなブックマークに追加ブロガーの限界。

◇ 立花隆のメディアソシオポリティクス 〜 ライブドアvs.フジテレビ
↑必読です。とにかく読んでもらいたい。

市井の一ブロガーは本職と比べ、信頼できる情報筋などに乏しく、時間と金銭の制約もあり、蓄積された知識量も少ないため、絶対プロには敵いません。しかし、できる限り真実に近い情報を提供しようとしつつ何度となく失敗することで、軽々しく既存のマスコミをゴミだクズだ無意味だと斬り捨てない姿勢は身に付きます。ブログは「読む」より「やる」ことだと僕は思います。

立花氏の文章の中で「人間は何かが『そうであってほしい』と思っているときは、そうである側に有利な証拠を無意識のうちに優先的に集め」ると主張しています。それはまさにその通りで、先のNHKと安倍晋三氏との圧力報道も、数々の誤報も、ひいてはえん罪も、みんな悲しいかなこういう人間の本性がそうさせているんでしょう。このブログでも、持ち株会社化に「やはりそうか!」とコメントを打ったら「妄想です」と言われ、江本氏以外にも降板宣言したい人が沢山いるだろうと書いたら、その点は正解でしたが逆にやめないと宣言するタレントも出たりしました。日常生活でもそういったことはままあります。「価値のある正しいこと」を報じようとどんなに努力しても間違えるものです。

立花氏が今回の問題に対する見方を述べるに当たってこのような点を前置きしたのは英断だと(まで言う必要もないことでしょうが)思いました。いきなり見方を示せば有名人故に“信用”させてしまい、その後の成り行き次第では騙したとさえみなされかねません。市井ブログでは“信用ならなさ”は“周知の事実”でしょうが、有名人ブログではそうはいきません。

フジ対ほりえもんで見つけた意外な収穫でした。
posted by 猫並 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 我流BLOG論Web論

2005年02月05日

はてなブックマークに追加右か左か

[1] 右翼 / 左翼 - goo辞書
[2] 右翼と左翼ってなんですか? - OKWeb

日本人は今無造作に〈右〉へと走っている気がしている。といいつつも、僕はこの〈右〉の意味するところの実感がない。実感もないのに何となく〈右〉に走っているような気がするのはすごく問題なので調べてみた。

辞書によれば右翼・左翼という言葉は、フランス革命後の国民公会において、保守派と急進派がそれぞれ右と左に分かれて座ったことに由来する([1]参照)。ただ20世紀に入ってからはこの意味ではなく、左翼とは革新派で、共産主義もしくは社会主義を奉じ、革命による政権交代も辞さない人々。右翼とはそれをくい止めようとする人々という意味に用いられたそうだ。([2]参照)。

僕らぐらいの世代になれば、小学校でベルリンの壁崩壊とか冷戦終結を経験しているわけで、一部世界では本気で共産主義を主張していたっていう実感がない。実感のあるのはこの対立構造を引きずった、日本における自民党と社会党の対立くらいだ。当時僕は小学生のくせに社会党を支持していたわけだが、これは右と左を分かった上で左を支持していたのではない。古臭いのが嫌だっただけだ。

従って今このブログを書き綴るにしても、右とか左という感覚はない。新聞各紙を右と左で分けるようなこともしていない。いわゆる無党派層である。そしてどちらかと言えば理想主義的である。

日本人がテロリストの存在を目撃し、アメリカがそれへの報復をし、北朝鮮のやり方というものを肌で感じた昨今、今までのようなお人好しの国ではいけないんじゃないかという感じを持つのは当然かと思う。しかしその反動から一挙に軍国主義・国粋主義へと走ってしまう必要はないのである。かつて左の筆頭であった社会党の土井たか子氏が理想平和主義論を唱えていたために、その敬遠が右傾化となり軍国主義にまで右振れしたの知れないが、そこまで行かなくても中間地点はあるはずであり、それこそが我が国の歩むべき道なのではないかと僕は思う。

冒頭、「〈右〉へ走っている気がする」の〈右〉はこの〈右〉、すなわち「威勢のいい軍国主義」だ。威勢のいい軍国主義の末路を再び歩まないために、この国は是が非でも努力しなければならないだろう。

そのためには結局、多元主義しかないわけだ。世の中完全平和主義が破綻しかかったときに、軍国主義を伴った右翼的発想しかとりつく島がないようだと困るのである。一人一人が自分の頭で考えて、左から右まで様々な考え方が存在するなかに自分を位置づけておく必要があるように思う。この意味で、左なのか右なのかで物事を片付けるブログの読み方は非常に危険だと思われる。僕はある意味多元主義を実現・実践するためにブログを書いているわけだ。左右関係のない多元主義、すなわち反全体主義が、敢えて言うならこのブログのスタンスだ。
posted by 猫並 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年12月14日

はてなブックマークに追加2ちゃん用語の問題点

 2ちゃんねるの悪いところは、2ちゃん用語を使って人を殴ってしまえば、殴ったという自覚なしに人を殴れてしまうことだなと思った。
posted by 猫並 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年12月07日

はてなブックマークに追加甘かった

 まぁ、面白い話もあるだろうけど、この話を先にしておこうと思う。

 僕はあるところでウェブサイトを運営しているのだが、ここのユーザには二派あると思えてきた。上流と中流だ。食事を楽しむ人間は場外馬券場を楽しまない。場外馬券場を楽しむ人間は値段は安くてより旨い飯を望むだろう。つまり楽しみのツボが微妙に異なるわけである。双方ともに楽しませられるコンテンツはかなり制作が困難だ。漫然と考えればともに幸せになる道筋はあるようにも思うのだが、実際に作ってみると、その仕様やデザインの詳細、管理の方針など様々な場面において、双方の理想をともに実現する道は極めて細いと思い知らされる。

 例えば、日常生活で鬱屈した精神を言葉に昇華させるのがうまくいくと楽しいという楽しみ方がある。しかし世の中にはこの楽しみを誤解または曲解し、エロネタをぶちまけ、奇抜を披露することに心血を注ぎ、書き手ひとりが楽しんでいるような厄介者がいる。また上流の人はそもそも日常生活で鬱屈しないと思う。つまり、普段どんな暮らしをしているかによって、主旨の理解程度は異なってくる。

 こちらにも非があった。サイトをやるにあたり、僕は主旨というものをこれといって定めずにスタートした。みんななんとなくで分かってくれるだろうという、非常にナイーブで甘い見通しで始めてしまったのである。主旨を誤解・曲解するユーザーが出てきてもこれでは文句は言えまい。僕の意志伝達能力のなさがこういう事態の片棒を担いでいる。

 自分の考えていることを人に伝えるのは難しいことだと思う。じかに顔を合わせないネットの世界であれば尚更だ。僕は、面と向かっても何も伝わってないなと思うことが少なくなかった。要はコミュニケーションが苦手なのである。それをさしたる欠陥とも思わずにこれまで来ていたのである。言葉だろうが文字だろうが、その足りなさはやはり足りなさであった。今では痛感している。

 ブログをやろうと思い立ったいきさつも実はこのあたりであったりする。
posted by 猫並 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年11月28日

はてなブックマークに追加月別・Seesaaの記事増加数

 Seesaaブログの記事には全て、1から順に番号が振られています。従って、任意の二記事間の記事番号の差は、その間にSeesaa全体で投稿された記事の数になっています。そこで、月末の記事番号から毎月の投稿数を割り出し、グラフ化してみました。ちなみに有効数字は3桁。計算に用いたブログはこのブログで、このブログ以前のものは、Seesaa 開設当初からあるブログを勝手に用いています。今月分は、27日付までのものを27分の30倍して出しました。
 これを見ると、記事数は概ね二次関数的だか指数関数的だかに増加しているものの、10-11月にかけて頭打ちになっているのがよく分かります。また7月が突出していて、その反動か8月が若干落ち込んでいます。10-11月の原因はきっとサーバーの重さでしょう。
 同じ調査をライブドアブログでやった結果はこちら。6月の突出が顕著ですが、ライブドアによる近鉄買収表明は6月だったと思いますから、これは、したらばを買うとかいうニュースが飛び交った影響でしょうか…?

さてそのSeesaaは本日、回線増強工事を行います
今日正午から明日正午までの間、ブログはつながらなくなります。
工事終了後の快適な閲覧環境を期待して、明日までみなさまご機嫌よう〜。
posted by 猫並 at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年10月24日

はてなブックマークに追加こちらからそちらへのめぐりあい

 よくモノマネ番組なんかで、サプライズゲストとしてご本人様が登場するのがよくあるけど、モノマネ芸人の驚くさまがすごくわざとらしいので実はやらせなんじゃないかと思ったりするわけですが。
 ウェブやってるとほんとにご本人が来られることがあるんでビックリします。しかもウェブ作ってる本人に直接来るんだから当然やらせなんてことはあり得ないわけで。
 例えば僕には、新聞に載せられていたとあるマンガ家さんの体験談をウェブで引用してあれこれつらつらとコメントしていたら、直接その方から掲示板に書き込みがあって物凄く驚いたことがあります。また、 www.(僕の苗字).com ていうURLがアメリカのとある個人商店ぽい会社で使われているとウェブに書いたら、そこの商店主から直接メールが届いた経験もあります(もちろん英語)。返事書くのすげー大変でした。

 これはまさに、個人から世界へという情報の流れがインターネットによって出来上がったからこそあり得る話ですよね。ウェブやってるひとはこんなのもあるということをその楽しみの一つとして感じながらウェブを続けていかれると、きっと楽しかなと思います。

 M8の高嶋哲夫様。ご来訪本当に有り難うございました。これからもよろしゅう。
posted by 猫並 at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年10月06日

はてなブックマークに追加メディア・アーカイブの視点

ある場所でこういう主張を目にした。

曰く、インターネットのコンテンツはいとも簡単に、しかも完全に「消す」ことができる。個人的保存や検索サイトのキャシュにも限界はある。これではインターネットの「歴史」そのものがネット上から失われる。ネットは常にあくせくと最新情報のみを表示し続けるメディアへと成り下がってしまうのではないだろうか。

─── 黒板ぽ 過去ログ 10月4日

続きを読む
posted by 猫並 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 我流BLOG論Web論

2004年09月22日

はてなブックマークに追加BLOGサイト浮気中

SeesaaBLOGをはじめてから、あまり引っ越しとか考えてこなかったわけだけど、
はてダに引っ越そうとしている友人がいて、いろいろ調べてみて、
あ〜はてダもいいのかななんて。

Seesaaはオーソドックスじゃない? 僕はそこが気に入ってここに持ってるんだけど、はてなの場合、仕様はクセの有るもので構わないから、自分たちの持ち味を活かしながら、新サービスの開拓を続けていて、結果、はてなのあれは他のどこにもないというのがいっぱいあるサイトに仕上がっている。オーソドックスさとは違った魅力がここにはあるなぁと思ったね。

DOS/Vの魅力とMacの魅力の違いみたいなもんなんですけど。
posted by 猫並 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年08月01日

はてなブックマークに追加ブログ稼業もラクじゃないねェ

ブログ開始以来、佐世保カッター事件から、総理訪朝、年金問題、球団合併、参院選とあったものが、ここへきてぱったりと止みました。事件が起こんなきゃ誰も情報を欲しがらないわけで、ブログやる方も張り合いがないです。報道とか論評はつくづく不幸にたかる商売だなと。

その意味では、不幸を人工的にねつ造して、ドキュメンタリータッチで伝えることにした『電波少年』は鋭い着眼だったね。まぁいろいろ問題はあるでしょうが、人間の心理の必然から生まれた番組かも知れませんよこの番組は。
あとタマちゃんも。

というわけでまぁほどほどに手を抜いて、更新をしていきます。
posted by 猫並 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年06月26日

はてなブックマークに追加俺の“コメント受付論”。

正統派ブログの条件の1つは、寄せられたコメントには必ず返信をする(迷惑コメントは除く)ことだという記述を見つけて、思った。こうなんて言うか、一番難しいのはこの「迷惑」ってことが、分かってないユーザーがいることだよねと。

何が気に入らないのか知らないが、そこらじゅうに唾を吐きまくる人物というのは現実にもいるがネットにもいる。俺の関わってたある掲示板も、情けない話だがそういう〈唾吐き場〉になってしまっていたことがあった。消しても消してもその彼はここに唾を吐きに来た。俺は正直根負けした。

現実ならこれは立派な器物損壊罪だ。警察が処理をしてくれる。(落書きは器物損壊罪)。しかしネットにその罪はない。法整備が遅れているのだ。俺は現実の有り難さを感じた。

ネット越しのその彼は、その弱さゆえに、見逃してくれよと泣きついてくることもたびたびあった。弱い以上保護してやるのが妥当だと、擁護に廻った友人もいた。確かに彼のこの行動は、弱さから来ているだろう。俺の邪推するところ彼は、普通の人のように、社会生活の中で、ストレスを溜めないように工夫したり、発散は他人に迷惑を掛けずに行えるよう心がけるといったことがないために、簡単にストレスをため込んでは出すことを繰り返しているのだ。

このように書くと、俺はその手の人々に凄く理解があるように思われて、逆にこの手の人々を呼び寄せてしまうんじゃないかという危惧もある(考え過ぎか?)。しかしこれもネット社会の弱さで、ネットで暴れ回ってたって誰も飛んできてはくれないのだ。俺は保護司でもないし家裁調査官でもない。そういう人々に対応する専門職というのは、リアル世界に行かないといないのだ。頼むからそういった人は、リアル専門職の下で、解決の道を模索して頂きたい。

…といったようなことがあったので、俺はこれまでここでコメントを許可にはしてこなかった。ただ最近、せっかくブログをやるんだから交流したいなぁという気持ちも出てきた。どうするべきか悩んだ末、最近は一応コメントを許可にしている。私と格別の知り合いではない方でも、コメントしていただいて全然構わないが、自覚のない場合も含めて上述のような迷惑サンの場合、および俺に余分の時間がない場合は、返事できませんのでお許し下さい。度が過ぎる迷惑サンと判断されれば、削除もあり得ますからそのつもりでお願いします。
posted by 猫並 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年06月25日

はてなブックマークに追加Web拍手

Web拍手。Web拍手。感動したならウェブ拍手。
手軽に送れる感謝の意。ついでに一言送れちゃう。
公式サイトは、ウェブクラップ・ドットコム。……って、言うじゃな〜い。

でもアナタ。この場合、拍手の英語は、applause(アプローズ)ですから!
クラップだと「手拍子」になっちゃいますからーッ! 残念!

(前項に引き続き波田陽区|すみません調子乗ってます)。
posted by 猫並 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年06月25日

はてなブックマークに追加トラックバック論・結論

面倒臭ぇ!
要するに、何らかの記事を受けて、思ったことを書く場合は、原則としてトラックバックをすることにしていますと。迷惑だったらそちら様で消して下さい。このブログはそういう方針で行きますから。というわけですから! 残念! 切腹!
posted by 猫並 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年06月24日

はてなブックマークに追加俺のトラックバック論

いっぺんこれ考えてみたかったんです。

俺が思うにこれはトラックバックではないというのは、
 1. 何の重なりもないのに、恐らくはアクセスアップを狙い、
   トラックバックをかけるやつ。
論外ですね。次に、
 2. 俺もアタシも的に、人気の記事にトラバを張るもの。
太っ腹な客に群がる芸者のようで好きません。お前らもっと自分を持てと。(注:芸者が自分を持ってないとは言ってません)。

つまり、俺の考えるトラックバックは、
 反1. 何らかの重なりがあってはじめて張る。
 反2. 人気があろうと無かろうと張る時ゃ張る。
というものです。

じゃ具体的に何なんだと。
ブログ読んでると、「うぉー」って思うことってありませんか。俺はあります。それは、相当マイナーな話題なのに相手と重なっていたり、そこに書かれてある感情と同じ感情を自分が持っていることに気付かされたということだったり。いずれにせよ何らかの共通点を、文章を通して、相手との間に見いだした時、俺は「うぉー」と思います。ぶっちゃけ、俺のブログ執筆の原動力は大抵これです。この「うぉー」で記事を書いた場合、俺は参照元としてその記事にトラックバックを張りたくなるのです。

ただ悲しいことに俺には自信がありません。俺がその記事に見いだした共通点が、本当に相手との共通点か否かにです。もしかしたら俺は相手の記事の、かなり的外れなところに、共感して記事を書いたのかも知れない。従って俺がこの点でトラバを張ると、内容の重なりもないのにトラバするなんて!と思われてしまうのではないかと。

考えすぎですかね。

ていうか、トラックバックってそもそもそういうものでしょ。ある記事にインスピレーションを受けて別の記事が書かれたということが、表沙汰になるという。でもこの行為は、先方様へ何かを書き込むという行為なので、やはりちょっと躊躇してしまう。はてさてどうすべきかと。
posted by 猫並 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流BLOG論Web論

2004年06月11日

はてなブックマークに追加BLOGの意義

BLOGの意義について考察してあったBLOGを見て、俺も考察してみたくなったので書く。

以前は職場も研修期間をたっぷりとって、入社後一年まるまるかけてその職場の雰囲気やら何やらを学んでいく仕組みをとっていたのだが、最近は企業にそこまでの余裕がないばかりか曰く即戦力が欲しいなどと抜かしやがる始末だ。じゃどこ行って学べってんだよ。教えろボケ野郎。

確かに、フリーターとして職場を体験するという選択もないわけではない。しかし、それはフリーターである以上、責任のある仕事を任せられないばかりか、「いつでも切れる」「非正規雇用員」であるため、上司が教育に積極的になるとは限らないのだ。もちろん、そうではない職場もあることは分かりますが、要するに入る前にその職場の様子や企業/業界の未来戦略を知っておく必要があり、何より僕みたいな頓珍漢には、実際仕事というものがどういうものであるのかという情報が必要なのです。

匿名掲示板群は…
ウケ狙いで不正確な情報を流す人がいるのでアテになりません。

世の中の特殊な人たちが綴る素直なBLOGが、
俺には唯一の情報源のようなものです。
posted by 猫並 at 00:00 | 我流BLOG論Web論

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。